洗濯機

ここでは不用品として処分したい冷蔵庫にかかる費用の相場と注意すべきポイントについて解説しています。

洗濯機を処分する際の基本的な考え方

洗濯機は家電リサイクル法によって有用な部品や材料をリサイクルする特定家庭用機器廃棄物に指定されているため、家具などと違って家庭の粗大ごみとして処分することはできません。

したがって家電リサイクル券に必要事項を記入し、量販店などの特定のお店や一般廃棄物運搬業の認可を受けている業者に処分を依頼するのが基本です。引き取ってもらう際にその控えを受取りリサイクル状況を確認します。

洗濯機の処分にかかる費用はリサイクル料金+収集・運搬料金です。また洗濯機に関連して衣類乾燥機も家電リサイクル対象品となるので注意が必要です。

リサイクル料金(平成29年4月1日現在)

洗濯機・衣類乾燥機 2,484円~

参考:家電4品目の「正しい処分」早わかり!(経済産業省)
https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/kaden_recycle/fukyu_special/index.html

収集・運搬料金に関しては各業者の設定料金によって変わりますので、依頼時に確認することが必要です。

状態によって検討したい洗濯機の処分方法

洗濯機を処分する方法にはいくつかあります。状態によっては買取りしてもらえる可能性もありますので、手間や料金なども考えながら最適な処分方法を選ぶようにしてください。

家電量販店に依頼する

洗濯機を新しく買い替える場合は、家電量販店や街の電気屋に引き取ってもらうと運搬などの手間をかけずに処分することができます。収集運搬料はお店によって異なり500~1500円程度と幅がありますので事前に確認しておくとよいでしょう。

市区町村のサービスを利用する

家電リサイクル受付センターなどの市区町村が提供するサービスを利用する場合はリサイクル料金とは別に運搬料がかかり、東京23区の場合は3,100円です。なお指定取引場所まで自分で持ち込む場合は運搬料は発生しません。

不用品回収・買取業者に依頼する

新しく状態の良い洗濯機の場合は不用品回収や買取の専門業者買取りしてもらえる可能性があります。買取りが成立するとリサイクル料金や収集運搬料金がかかりません。有料で引き取ってもらう場合には回収費用として8,000円~10,000円程度かかります。

明朗会計でコスパ満足!
何でも積み放題のおすすめ業者3選
業者名 金額 対応エリア 見積もり
エコ☆えこ
15,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川・茨城
電話
メール
訪問
LINE
エコアール
25,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川
電話
メール
訪問
エコピット
25,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川
電話
メール
訪問
比較の注釈
軽トラ1台分積み放題軽トラック1台分の積み放題*&1名以上のスタッフ追加サービスがあるプランを厳選しています。
*軽トラック一台分の容量目安:4ドア冷蔵庫なら4台分、45Lのゴミ袋換算で14~16袋分、洗濯機なら7台程度分