家電類

ここでは家電類を不用品として処分する際の回収費用の相場と注意すべきポイントについて解説しています。

種類によって処分方法が変わる家電類

家電にはさまざまな種類があり大きさも重さもそれぞれ全く異なります。手のひらに収まるような小さなものなら一般ごみとして廃棄することも可能ですが、サイズの大きなものは粗大ごみとして自治体に有料で回収してもらうことができます。

家電の処分で注意したいのは家電リサイクル法によって指定された家電4品目というのがあることです。家電4品目とはエアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機でこれらは粗大ごみとして処分することはできません。

家電4品目を処分する方法はいくつかありますが、不用品として引き取ってもらうためには必ずリサイクル料金と運搬費用がかかります。リサイクル料金はメーカーや型番などによって異なり、運搬費用も業者によってさまざまです。

もし処分したいと考えている家電類が新しく、あまり傷んでいないものならば買取ってもらえる可能性があります。処分したい家電によってそれぞれ最適な方法が違いますので十分に検討してから行動することが大切です。

家電類の処分を業者に依頼した場合の費用相場

種類の多い家電類はなかなか相場感が掴みにくいですが、家電4品目以外で不用品回収業者に依頼した場合、代表的なものを挙げていくと以下のようになります

  • 電子レンジ:500円~2,000円
  • 掃除機:500円~2,500円
  • 扇風機:500~1,500円
  • 炊飯器:500円~1,000円
  • ステレオコンポ:500円~2,000円

但し、出張引き取りの場合は処分品の数が少ないと最低の出張料に満たないため、出張費用として8,000円~15,000円がかかることがあります。

家電4品目に関してはリサイクル料金+運搬費用が基本です。量販店や家電リサイクル受付センターなどの自治体のサービスを利用して処分することもできますし、自分で処理場まで持ち込めば運搬費はかかりません。

家電4品目を不用品回収業者に依頼する場合は、8,000円~15,000円くらい回収運搬費用がかかります。但しその業者が買取に対応している場合に処分費が軽減できることがあります。家電の状態がよく買取りの可能性が高いと考えられる場合は、査定を依頼するとよいでしょう。

>>テレビの処分費用の詳細はこちら
>>冷蔵庫の処分費用の詳細はこちら
>>洗濯機の処分費用の詳細はこちら

明朗会計でコスパ満足!
何でも積み放題のおすすめ業者3選
業者名 金額 対応エリア 見積もり
エコ☆えこ
15,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川・茨城
電話
メール
訪問
LINE
エコアール
25,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川
電話
メール
訪問
エコピット
25,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川
電話
メール
訪問
比較の注釈
軽トラ1台分積み放題軽トラック1台分の積み放題*&1名以上のスタッフ追加サービスがあるプランを厳選しています。
*軽トラック一台分の容量目安:4ドア冷蔵庫なら4台分、45Lのゴミ袋換算で14~16袋分、洗濯機なら7台程度分