不用品回収お役立ちコラム

ここでは誰もが知りたかった不用品回収を業者にお願いする時に役立つ情報を厳選し、コラム形式で紹介しています。

知っておこう!気になる不用品回収の料金の仕組み

これから不用品回収を依頼しようと考えている方に向けて料金に関するお役立ち情報を集めました。

見積りのチェックポイント

不用品回収では訪問見積もりが原則と考えてください。少量の場合なら電話で内容を確認するだけで料金が確定することもありますが、多くの場合は現地の状況を確認し不用品の内容から必要な人員、車両などを算出するからです。

面倒と思うかもしれませんが、訪問見積もりの方が信頼できる業者であるかどうかをチェックできますし、あらかじめオプション料金が発生するものを確認できるため後々トラブルが発生する可能性が低くなります。

見積書が提示されたら料金の内訳が詳細に記載されているかどうかをチェックします。○○一式となっていたり、内容が不明瞭なものは要注意。料金の算出根拠を説明してもらい安さだけを強調し契約を迫るようなら断りましょう。

>>もっと詳しく見る

安く依頼する方法

不用品を安く依頼するための基本的な考え方はいかに処分する量を減らすかです。自分で廃棄できるものは先に処分したり、解体してコンパクトにまとめます。回収当日になって追加作業が発生するようだと料金もアップしてしまいます。

また見積もりは必ず複数社から取って比較検討するようにしましょう。業者によって料金体系は異なりますし相場を掴むためにも相見積もりは必要です。その際に不用品回収以外に買取りや引越しサポートができるなどサービス内容を確認します。

依頼するのは急を要しなのであれば年度末の引越し時期など不用品回収業者が忙しくなる時期をできるだけ避け、業者側の都合に合わせるようにすると安くなります。人員を減らせるなら手伝いを申し出るのも安く依頼する工夫になります。

無料回収業者のカラクリ

安くするなら無料回収業者があるではないかと考えるかもしれません。運搬車を用意したりスタッフを準備するなど不用品を処分するにはお金がかかるのに、無料で不用品回収ができるのは買い取ってもらえる先があるからです。

売り先にはリサイクルショップや最近では少なくなりましたがネットオークションで販売する場合もあります。また不用品の中には国内では売れないものでも海外に持って行くと売れるものがあり輸出業者が買い取ることもあります。

こうした無料の不用品回収業者を利用するのはリスクがあります。許可を得ずに営業している違法業者の可能性が高く、依頼者側も不法投棄の罪を問われることもあります。有料でも信頼できる業者を見つける方が安全です。

明朗会計でコスパ満足!
何でも積み放題のおすすめ業者3選
業者名 金額 対応エリア 見積もり
エコ☆えこ
15,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川・茨城
電話
メール
訪問
LINE
エコアール
25,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川
電話
メール
訪問
エコピット
25,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川
電話
メール
訪問
比較の注釈
軽トラ1台分積み放題軽トラック1台分の積み放題*&1名以上のスタッフ追加サービスがあるプランを厳選しています。
*軽トラック一台分の容量目安:4ドア冷蔵庫なら4台分、45Lのゴミ袋換算で14~16袋分、洗濯機なら7台程度分