オフィス移転・整理

ここではオフィス移転や店舗整理などで発生する不用品回収を業者に実際に依頼した事例を紹介。どういったことに注意すべきかなど回収の重要ポイントについても解説します。

飲食店舗閉店に伴う厨房器具や設備の処分

中華店の閉店に伴う不用品処分のケースです。飲食業のため厨房器具や設備機械が多く、原状回復するためにかなり時間がかかる作業でしたが、機器などを一旦お店の外に運び出しクレーンでトラックに積み込みました。

  • 作業内容:厨房機器やさまざまな設備機械の処分
  • スタッフ:2名
  • 費用:31,600円
  • 作業時間:約2時間

回収のポイント

このケースでは業者が買取やスクラップ処理を行っていたため無料で処分できるものが多くあり、不用品処分の費用を大幅に削減できています。業者によって得意・不得意があるので事前に確認することが成功のポイントです。

参照元:ハイパワー公式(http://www.hi-power.jp/01/case.html)

梱包や搬出など作業員にすべて任せられる不用品処分

オフィス移転に伴い不用品処分を行ったケースです。処分するにあたっては梱包から搬出、廃棄まですべてを担当作業員が行いました。オフィスビルの共有スペースやエレベーターは養生を行った上で作業をするので安心です。

  • 作業内容:事務机・椅子、パソコン、エアコン、事務用棚などの処分
  • スタッフ:2名
  • 費用:120,000円
  • 作業時間:不明

回収のポイント

自社で不用品処分を行うのと比べると重たい荷物の移動が楽になるだけでなく、不用品を分けて廃棄するなどの手間もなく社員の負担が軽減されます。1回の作業ですべての不用品処分が終わるので移転がスムーズにできるようになります。

参照元:不用品処分のヤマイチ(http://fuyouhin-ihinseiri.net/wp/?post_type=office_zirei&order=DESC&orderby=date)

事務所移転に伴うオフィス家具や什器等の運搬

事務所の移転に伴い、不用品回収だけでなく応接セットや事務什器等の運搬も行ったケースです。2階への搬入があり一般家庭の引越と違って大きく重たいものはクレーン車で運び込んでいます。

回収のポイント

不用品回収業者の中には不用品の処分だけでなく荷物の移動や引越しのお手伝いも引き受けてくれるところがあります。不用品回収と同時にできるのとコスト削減にもつながるのでオフィスや店舗での不用品回収業者の利用はとても効率的です。

参照元:ワールド引越サービス公式(https://w-hikkoshi.com/fuyouhin/fuyouhin/枚方市 事務所移転/)

明朗会計でコスパ満足!
何でも積み放題のおすすめ業者3選
業者名 金額 対応エリア 見積もり
エコ☆えこ
15,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川・茨城
電話
メール
訪問
LINE
エコアール
25,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川
電話
メール
訪問
エコピット
25,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川
電話
メール
訪問
比較の注釈
軽トラ1台分積み放題軽トラック1台分の積み放題*&1名以上のスタッフ追加サービスがあるプランを厳選しています。
*軽トラック一台分の容量目安:4ドア冷蔵庫なら4台分、45Lのゴミ袋換算で14~16袋分、洗濯機なら7台程度分