引っ越し

ここでは専門業者を利用して不用品回収を同時に行うことで効率よく引っ越しができた事例を紹介。それぞれの回収ポイントについても解説しています。

施設への引越しで残った不用品を引き取り

依頼者が施設に入るため引越しをすることになり、不用な家財は処分したいという要望を受けたケースです。日を分けた作業を希望されたのでまず引越しを行い、片付けの際に価値のある古物品は専門業者を手配して買取ってもらいました。

  • 作業内容:引越し、不用品回収(トラック2台分)、買取り
  • スタッフ:2名
  • 費用:175,000円
  • 作業時間:2日

回収のポイント

施設に単身で引越しするケースでは、これまで長年住んでいた荷物や家財の量が多いため引越し作業より引き取り作業のほうが大変になります。不用品の中でも買取可能なものがあると回収費用と相殺して料金を下げることができます。

参照元:有限会社スエサンサービス(http://www.suesan.com/service/onayami.html)

アパート契約更新時に引越・不用品回収

賃貸契約更新の際の引越しで、原状回復のためにそれまで溜まった不用品を処分したいというケースです。単身者でゴミ屋敷状態になっているわけではなかったため、回収量も多くなくスムーズに作業を終わらせることができました。

  • 作業内容:引越・不用品回収(経トラック1台分)
  • スタッフ:1名
  • 費用:5,000円
  • 作業時間:30分

回収のポイント

単身者の引越しではトラックにすべての荷物を積み込み、必要なものを新居に運び込んで残ったものをそのまま回収することで効率よく作業を進めることができます。不用品が少量の場合は同時に行うと低料金で対応してもらえます。

参照元:ECOスマイル(https://eco-life-smile.com/report/yokohama-2dk-t-3/)

実家に戻るため使用していた家電等を処分

依頼者が実家に戻ることが決まり壊れてはいないけど不用となる家電や家具を買取・回収するというケースです。依頼品に洗濯機やカラーボックス、ノートパソコン、冷蔵庫などがありましたが新品同様の冷蔵庫の買取ができました。

  • 作業内容:家具・家電の買取・回収
  • スタッフ:1名
  • 費用:非公開
  • 作業時間:15分

回収のポイント

直前まで使用していて使えそうなものがある場合は、そのまま廃棄処分するのではなく買取に対応している不用品回収業者に依頼すれば回収費用を抑えられるだけでなくリユース・リサイクルにより資源の有効活用ができます。

参照元:エコステップ(https://om-trust.jp/huyouhinkaisyuu/zireisyu/zirei-kukishi/)

急に引越しが決まり不用品を即日回収

仕事の事情により急に引っ越しすることが決まり、急いで不用品を処分しなければならないというケースです。回収品は冷蔵庫や洗濯機などの家電が多くありましたが買取できるものもあり、取外しまで対応してもらえました。

  • 作業内容:不用品回収・買取、粗大ごみの処分
  • スタッフ:不明
  • 費用:非公開
  • 作業時間:30分

回収のポイント

引越しでも時間に余裕がある場合は自治体の回収で不用品を計画的に廃棄していくこともできますが、転勤などで急に引越しすることになり退去日が迫っている場合は不用品回収業者を利用すれば即日対応してもらえます。

参照元:エコステップ(https://om-trust.jp/huyouhinkaisyuu/zireisyu/zirei-okegawashi/)

家族で引越し後に残った不用品を処分

新居に引っ越しするにあたりほとんどは買い替えをしたため、これまで使用していたものが不用品として残ってて処分に困っているというケースです。大型の家具・家電がありましたが回収や解体に専念できそれほど手間はかかりませんでした。

作業内容:不用品回収・買取
スタッフ:非公開
費用:非公開
作業時間:1日

回収のポイント

引っ越しに伴う不用品回収では引越しと同時に終わらせる場合と、このケースのように先に必要なものの引越しを済ませ不用品だけ処分することもあります。不用品が大量にあっても買取と組み合わせることで費用負担を軽減することができます。

参照元:エコステップ(https://om-trust.jp/huyouhinkaisyuu/zireisyu/zirei-saitamashioomiyaku/)

夫婦世帯の引越しと不用品回収を同時作業

東京から埼玉県まで引越しと大量にある不用品回収を同時に済ませてしまうケースです。夫婦世帯で場合によっては引越しだけでも10万円を超えてしまう可能性もありますが、不用品回収も合わせて10万円以下に抑えることができました。

  • 作業内容:引越し・不用品回収
  • スタッフ:非公開
  • 費用:90,000円
  • 作業時間:1日

回収のポイント

ファミリー世帯の場合、引越しと不用品回収を別々の業者に依頼すると費用も膨らんでしまいますが、引っ越しにも対応できる不用品業者を利用すると1回の作業で同時に終わるだけでなく、最低限の費用でできるメリットがあります。

参照元:パワーセラー(https://www.2060.jp/case/month_201307.html)

二世帯住宅に引越すことになり不用品を処分

娘家族と同居することになった夫婦がこれまで住んでいた一軒家の不用品を処分したいというケースです。依頼者が不用品をまとめておいたため予定していた回収時間が短縮され、移動部分はサービスで対応してもらえました。

  • 作業内容:粗大ごみ(家電・食器・衣類)の回収、移動
  • スタッフ:3名
  • 費用:非公開
  • 作業時間:1時間30分

回収のポイント

不用品回収がメインの業者でも今回のケースのように空き時間で引越し先に荷物を運んでくれる場合もあります。大規模な引越しはできなくても後で自分で運ぼうと考えていた移動まで頼めると手間が省けて大変便利です。

参照元:エコステップ(https://om-trust.jp/huyouhinkaisyuu/zireisyu/zirei-miyashiromachi/)

買取りやエアコン取り外しも同時に依頼

引越し準備で不用品の買取りやエアコン取り外しなどを別々に自分で業者手配しようとしていた依頼者がまとめてできるところに1本化したケースです。二人暮らしでエアコンも2台ありましたが1度に終わらせることができました。

  • 作業内容:家電・粗大ごみ回収、エアコン取り外し
  • スタッフ:不明
  • 費用:非公開
  • 作業時間:非公開

回収のポイント

不用品回収業者はあらゆるモノの回収を行っているため、エアコンの取り外し工事などにも対応していることがあります。買取も含めて1社にまとめて依頼することができると、手間も費用もかからずに引越し準備もスムーズにできます。

参照元:エコステップ(https://om-trust.jp/huyouhinkaisyuu/zireisyu/zirei-saitamashiurawaku/)

明朗会計でコスパ満足!
何でも積み放題のおすすめ業者3選
業者名 金額 対応エリア 見積もり
エコ☆えこ
15,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川・茨城
電話
メール
訪問
LINE
エコアール
25,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川
電話
メール
訪問
エコピット
25,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川
電話
メール
訪問
比較の注釈
軽トラ1台分積み放題軽トラック1台分の積み放題*&1名以上のスタッフ追加サービスがあるプランを厳選しています。
*軽トラック一台分の容量目安:4ドア冷蔵庫なら4台分、45Lのゴミ袋換算で14~16袋分、洗濯機なら7台程度分