遺品整理

ここでは遺品整理を行うにあたって発生する不用品回収を業者に依頼した時の事例を紹介。注意すべきポイントについても解説します。

想像以上にモノが多かったため業者に依頼

賃貸住宅で一人住まいをしていた父親が亡くなり、遺品整理の際にモノの量が想像以上で貴重品などの場所もわからず依頼を決めたケースです。本棚以外は大きな家具がなく運び出しはスムーズにできアルバムなども発見できました。

  • 作業内容:遺品整理に伴う不用品処分と貴重品探し
  • スタッフ:2名
  • 費用:97,200円
  • 作業時間:約3時間

回収のポイント

遺品整理を伴う不用品回収では貴重品の発見が重要な作業の一つになります。大切なものを見つけるためには依頼者に立ち会ってもらい、分別確認をしながら作業を進めることで誤って廃棄してしまうことを避けることができます。

参照元:ウィルケア(http://ihinseiri-willcare.com/works/愛知県名古屋市港区/)

賃貸物件で遺品整理を早急に済ませるために

賃貸物件に住む父親が亡くなった際に、契約の関係から早急に遺品整理を済ませなければならなくなり依頼したケースです。間取りは2LDKの部屋でしたがスタッフ2名でその日のうちに作業を完了することができました。

  • 作業内容:遺品整理・不用品回収
  • スタッフ:2名
  • 費用:140,000円
  • 作業時間:約5時間

回収のポイント

持ち家で遺品整理をする場合は、遺族が何日かかけてゆっくり行うことも可能ですが、故人が賃貸物件に住んでいた場合は原状回復を急いで引き渡さなければならないため、遺品整理に対応した不用品業者に依頼するのがベストです。

参照元:プレシャス遺品整理サービス公式(https://precious-ihin.com/example/)

奥様が他界後に息子と二人暮らしの部屋の整理

奥様が急死して息子と二人暮らし。悲しみとともに部屋の掃除をせずにゴミ屋敷化してしまった部屋の遺品整理を依頼したケースです。捨てるもののチェックを依頼者と息子で行い粗大ごみなど整理後に部屋の清掃も行いました。

作業内容:遺品整理・不用品処分・清掃
スタッフ:3名
費用:300,000円
作業時間:約7時間

回収のポイント

老齢の親が亡くなる場合と違って、若くして家族が急死してしまうと心の整理がつかず遺品整理が進まないこともあります。自分でやろうとすると気が進まないことを業者に依頼することで、滞っていた整理作業を確実に前に進めることができます。

参照元:ウィルケア公式(http://ihinseiri-willcare.com/works/名古屋市中村区/)

明朗会計でコスパ満足!
何でも積み放題のおすすめ業者3選
業者名 金額 対応エリア 見積もり
エコ☆えこ
15,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川・茨城
電話
メール
訪問
LINE
エコアール
25,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川
電話
メール
訪問
エコピット
25,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川
電話
メール
訪問
比較の注釈
軽トラ1台分積み放題軽トラック1台分の積み放題*&1名以上のスタッフ追加サービスがあるプランを厳選しています。
*軽トラック一台分の容量目安:4ドア冷蔵庫なら4台分、45Lのゴミ袋換算で14~16袋分、洗濯機なら7台程度分