まとめて不用品回収を依頼するなら、積み放題プランが便利!ここでは、一人暮らしの引越し時などで使えるプランを大特集。粗大ゴミが増えた場合のスタッフ追加も無料で対応してくれる不用品回収業者を厳選しました。

明朗会計でコスパ満足!
何でも積み放題のおすすめ業者3選

業者名 金額 対応エリア 見積もり
エコ☆えこ
15,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川・茨城
電話
メール
訪問
LINE
エコアール
25,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川
電話
メール
訪問
エコピット
25,000円〜 埼玉・東京・千葉・神奈川
電話
メール
訪問

スマホの場合は、横にスクロールできます。

比較の注釈
軽トラ1台分積み放題軽トラック1台分の積み放題*&1名以上のスタッフ追加サービスがあるプランを厳選しています。
*軽トラック一台分の容量目安:4ドア冷蔵庫なら4台分、45Lのゴミ袋換算で14~16袋分、洗濯機なら7台程度分

安心・信頼できる不用品回収業者まとめ
【関東版】をもっと見る

不用品回収業者とは?

自宅や会社で要らなくなった、家電や家具などを回収して処分する民間業者のこと。自治体の回収サービスに比べ、不用品の運び出しをしてくれる急な依頼でも対応してくれるなどの特徴があります。

不用品の回収を依頼すると料金が発生しますが、大量に粗大ゴミがあっても確実に片付けることができるので、引越しや遺品整理をする際によく利用されます。

不用品
回収業者を
利用する
メリット

指定した日時にまとめて回収してくれる

不用品回収業者を利用する最大のメリットのひとつは、基本的に指定した日時に回収してもらえる点。部屋の引き渡しなど、差し迫った期限があったとしても、安心して作業を進めることができます。

また処分品は廃棄するだけでなく、再販可能なものは買取ってもらえる可能性があります。不用品回収業者の中には、自らリサイクルショップを運営していたり、提携していることも多く、買取り可能なものがあれば回収料金と相殺できるのです。

自治体の
回収サービス
との違い

「運び出しの手間がかからない」からラク

自治体の回収サービスは、不用品回収業者に比べて、総じて費用をおさえられる一方で、さまざまな手間がかります。もっとも大きな違いのひとつは、指定場所まで運び出しておく必要があること。例えばワンルームマンションからの引越しで、ベッドや食器棚といった大型家具を、ひとりで運び出さなくてはならないケースなどは、かなり大変ですよね。

また自治体のサービスでは、リサイクル法で決められた家電4品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機)とパソコンは回収してもらえないので注意してください。

違法な
不用品
回収業者
とは?

無許可で不用品回収を行う業者に注意を

違法業者とは、廃棄物処理をするために必要な許可を受けずに不用品回収を行っている業者のことを言います。こうした業者に回収を依頼すると、不法投棄を助長することにつながり、依頼者自身も罰せられる可能性があります。

一般家庭から出される粗大ゴミを回収するには一般廃棄物収集運搬業の許可、買取りを行うには古物商の許可が必要です。不用品回収業者に依頼する場合は、有資格業者や提携の廃棄物業者に処分を依頼しているところを選ぶようにしましょう。

敗しない不用品回収業者の選び方

不用品回収業者の選び方

不用品回収業者の中には、少なからず悪徳業者がいます。選び方を間違えると、トラブルに巻き込まれる危険性もありますので注意が必要です。ここでは「資格」「実績」「料金体系」の3点を基準とした選び方を説明します。

そもそも許可がないと廃棄物処理はできないので、資格の有無は重要な判断基準になります。ホームページなどで許可番号や許可証の画像などを必ず確認しましょう。

また、営業年数が浅く実績が少ない業者よりも多い方が信頼できます。会社の規模だけでなく過去の取引実績や設立年なども確認しましょう。官公庁から不用品回収依頼を受注している実績があれば、安心して依頼できる可能性が高いと言えます。

不用品回収の料金は、回収品目にかかる費用のほか、スタッフ数、階段の有無といった搬出現場の状況などによって変わります。電話で見積もりを依頼できる場合は、できるだけ正確な情報を伝えるようにしましょう。料金に関してトラブルになりがちなのは、想定以上に不用品が増えたことによって追加費用が発生するケース。積み込み放題プランを利用する場合は、スタッフ追加で費用が増えるかどうかなど、条件やオプションをしっかりとチェックしておきましょう。

安心・信頼できるおすすめの不用品回収業者
【関東版】

選び方をある程度理解したとしても、不用品回収業者を初めて利用する場合には不安がつきものです。調べてみたらあまりの数の多さに、どうやって絞り込んでいけばよいのかわからないという方もいるでしょう。

そこで当サイトが調査した結果をもとに、口コミ・評判がよく、安心・信頼できる業者をピックアップしました。同じように見えてもサービス内容や料金体系が違いますので特徴を掴んで自分に合った業者を選ぶようにしてください。

エコ☆えこ

千葉、東京、茨城、埼玉、神奈川で不用品回収はもちろん遺品整理、引越し、ハウスクリーニング、修繕リフォームまで対応する便利サービス業者です。不用品回収ではコスパに優れたトラック積み放題プランを実施。明朗料金体系や独自販売網を使った高額買取など、常にお客さま視点でのサービスを提供しているのが特徴です。

対応エリア
埼玉・東京・千葉・神奈川・茨城

エコアール

関東エリアを対象に不用品回収をしている専門業者です。対応エリアを限定することで作業効率を向上させ、運搬コストも削減。そのため車両費用や出張費用などオプション部分を組み入れた定額パックの提供を実現しました。エリア内であれば一般の不用品だけでなく店舗やオフィスから出る大型家具や粗大ごみの回収も可能です。

対応エリア
埼玉・東京・千葉・神奈川

エコピット

一都三県を対応エリアとして不用品回収はもちろんゴミ屋敷の片付け、遺品整理、店舗・事務所の不用品処分などを手がけている片付け業者でおそうじ本舗と提携してハウスクリーンングにも対応。搬出作業費や車両費、出張費などがすべて含まれるパック料金でサービスを提供しているので、コスパに優れ追加料金も発生しません。

対応エリア
埼玉・東京・千葉・神奈川

ゴールドクリーン

東京・埼玉全域に対応している地域密着型の不用品回収業者です。不用品回収についてはトラック積み放題のパック料金を用意。追加料金もなくコストパフォーマンスに優れています。ゴミ屋敷の片付けや遺品整理にも対応しているのでセットで依頼すれば効率的。買取可能なものがあれば処分料金をさらに安くすることも可能です。

対応エリア
東京・埼玉

チャレンジ

東京・神奈川エリアで不用品処分・買取や遺品整理、ゴミ屋敷の整理を行っている不用品回収業者です。迅速な対応を強みとしており、問合せ当日のうちに現地見積りで即時回収も可能です。積み込むトラックによって料金が変わるパック料金制を採用しているのでコスパが高く、買取可能なものがあればさらに料金が圧縮できます。

対応エリア
東京・神奈川・千葉

エコステップ

埼玉県全域に対応する地域密着型でサービス展開する不用品回収業者です。即日出張対応が可能で、家電・家具・日用品の不用品回収だけでなく、オフィスから出る不用品回収の実績もあります。リサイクルショップなどへの独自ルートを確保しているため、不用品の買取を行うことで廃棄処分のコスト削減につなげることができます。

対応エリア
埼玉

かたづけコンビニ

首都圏で24時間出張対応で不用品回収や粗大ごみ回収を行っている専門業者です。ゴミ屋敷の清掃や遺品整理、引越サービスにも対応しており不用品の回収実績は5万件を超えています。基本料金+回収料金という単純な料金体系なのでわかりやすく買取サービスや割引クーポンを利用するとさらにお得な金額で不用品回収ができます。

対応エリア
東京・神奈川・千葉・埼玉

片付けサポーター

東京・神奈川・千葉・埼玉を営業エリアとして片付けサービスを展開する不用品回収業者です。片付け用の車両が巡回しているためエリア内なら当日中に無料訪問・見積もりが可能ですぐに作業をスタートできます。リユース可能なものは買取査定もしており、遺品整理やゴミ屋敷の片付けも短時間で一気に終わらせることが可能です。

対応エリア
東京・神奈川・千葉・埼玉

かたづけタイガー

昭和49年創業以来ずっと千葉県で地域密着型の事業展開を続けてきた不用品回収業者です。千葉県内の13の市町村から一般廃棄物収取運搬業の許可を取得しているため信頼度は抜群。不用品や粗大ごみの回収だけでなく遺品整理や家具・家財の移動、倉庫・車庫の解体、草刈り・庭の手入れなどあらゆる困りごとに対応しています。

対応エリア
千葉

かたづけレスキュー千葉

その名の通り千葉を拠点に不用品回収・廃品回収・遺品整理を行っている業者です。各種買取サービスやリサイクル事業を展開する会社が運営している回収サービスなのでリユース・リサイクルできるものがあると処分費用を大幅削減できます。熟練スタッフが担当し、トラック稼働数が多いので回収スピードも早く無駄が生じません。

対応エリア
東京・茨城・埼玉・栃木

クオーレ

関東全域を対象に不用品回収・廃品回収を行っている専門業者です。リフォーム・ハウスクリーニングや引越サービス、遺品整理などにも対応し、整理・整頓が苦手という方向けにプロの収納アドバイザーが整理術も提案。作業に入る前に必ず見積書を提示し、その内容に従って進められるため追加料金が発生することがありません。

対応エリア
東京・神奈川・千葉・埼玉

クレスト

相模原市を拠点として営業展開する不用品回収業者です。少量でも対応してもらえますが、大型トラックを複数台所有しているため大量の不用品回収を得意としており、特に法人のオフィス家具の処分・買取は実績が豊富です。東京・神奈川の対応エリア内なら即日対応が可能で、土日や夜間の作業にも応じてもらえるので安心です。

対応エリア
東京・神奈川・千葉・埼玉

新日本撤去

首都圏で住宅内の家財の撤去や不用品の処分を行っている不用品回収業者です。対応エリア内なら当日中に訪問見積もりが可能で、状況に応じてお得になる料金パックを提案。ゴミ屋敷片付けや遺品整理、特殊清掃にも対応しているので、自分だけでは処分するのが難しい場合でも気軽に相談ができ、安心して任せることができます。

対応エリア
東京・神奈川・千葉・埼玉

スマップ

東京を中心に首都圏で営業展開している不用品回収の専門業者です。遺品整理や物置・倉庫の解体・処分、ゴミ屋敷の片付けなどにも対応。即日回収可能で女性スタッフが多数在籍しているため一人暮らしの女性でも安心。基本料金無しの個別料金+オプション(階段料+解体料)という料金体系で1点でも引き取ってもらえます。

対応エリア
東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城

ダッシュエコサービス

埼玉・東京・千葉を対象に不用品の片付け・買取を専門に行なっている業者です。軽トラックによる積み放題パック料金が基本で、品目によって複数のメニューが用意されています。軽トラックなので大量の不用品を回収するのは難しいですが、単身者の引越しで出た不用品処分や年末の大掃除の時など手軽に利用できるのが特徴です。

対応エリア
東京・神奈川・千葉・埼玉

東京ドープランド

東京都と神奈川県の一部を対応エリアに不用品の回収・買取りを行っている専門業者です。一般的な不用品回収業者と比べ買取力が高いため処分費用のお大幅削減が可能で、これまで10万件以上の依頼実績(2019年8月公式サイト確認時点)があります。またゴミ屋敷の片付けや、遺品整理にも対応しており、大量の不用品がある場合でも一気に片付けることができます。

対応エリア
東京・神奈川

ドリームトレジャー

東京や埼玉を中心に廃品処理を行っている不用品回収業者です。基本料金に細かく品目別に決められた回収料を積み上げていく料金体系なのでわかりやすく、正式な見積り後に追加料金が発生することはありません。年中無休で営業しており、即日対応も可能なので仕事で忙しい方や、不用品処分に期限がある場合でも大丈夫です。

対応エリア
東京・埼玉

西本商事

“回収くん”を愛称に1都3県を営業エリアとして創業70年の実績を誇る不用品回収業者です。通常の不用品回収はもちろん会社・飲食店のごみ収集、遺品整理、ゴミ屋敷の片付け、浄化槽清掃、トイレの汲み取りなど他社ではできないことにも対応。不用品ごとに単価が決まっており料金表も公開しているの価格面でも安心です。

対応エリア
東京・埼玉・千葉

ハヤブサ千葉

全国を対象エリアとして粗大ごみ・不用品の回収から遺品整理、ゴミ屋敷片付けなど幅広く対応する不用品回収業者です。各種トラックを使ったパック料金を採用しているのでコスパが高く、日時指定や即日対応も可能。スタッフの教育研修が徹底していて女性スタッフも在籍しているため一人暮らしの女性でも安心して依頼できます。

対応エリア
東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城

ベンリプラス

千葉を拠点に10年以上も営業実績のある不用品回収の専門業者です。「ゴミを出さない」ことを企業理念に独自にリサイクルセンターを所有して、回収された不用品は可能な限りリサイクルしています。家具・家電といった一般的な粗大ごみはもちろん、金属・プラスチックや重量のある金庫の処分まで幅広く回収しています。

対応エリア
千葉

な品目別・不用品回収費用相場

不用品として回収を依頼する代表的なものとしては家具類と家電類があります。どちらも種類が多く、大きさや品目によってそれぞれ処分方法や費用は異なります。そこで主な品目ごとの費用相場を調査してまとめました。

家具類

家具類は小さなもので一般ごみとして廃棄でいるものは費用はかかりませんが、粗大ごみとして自治体に回収してもらうと最大で1個2,000円程度かかります。不用品回収業者に依頼すると1個につき1,000円~5,000円程度になりますが、モノによっては買取可能になるケースがあり、費用を軽減することができます。

家具の処分費用について詳しく見る

家電類

小さなものなら一般ごみとして廃棄可能ですが大型のものは粗大ごみとして処分します。注意したいのは家電リサイクル法で指定される家電4品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機)で、これらは粗大ごみとして自治体は回収してくれません。業者によって運搬費用は異なりますがリサイクル料金+回収運搬費用がかかります。

家電の処分費用について詳しく見る

ース別・不用品回収事例

不用品回収を業者に依頼するケースはいくつか考えられます。時には大量の不用品を目の前にして本当に片付くのか心配になるかもしれません。これから紹介する事例を確認すればそのような不安はきっと解消するはずです。

ゴミ屋敷の片付け

ゴミ屋敷の片付け

数年間溜めた新聞紙や空き缶によりゴミ屋敷化した家を片付けたケースです。本人がいくら片付けても進まなかったものが1日で終了して簡単な清掃までできました。
ゴミで溢れている間取り2Kの部屋の片付けです。衣類や本が多かったため分別しながら片付けていくことで床を傷つけずに引越し当初の綺麗な状態を取り戻しました。

引っ越し

引っ越し

賃貸契約の更新を機に引越しすることになり、原状回復のための不用品処分です。単身者で回収量もあまり多くなかったためスムーズに作業を終えることができました。
会社の事情により急な引っ越しが決まり不用品処分を急ぐケースです。即日対応で冷蔵庫や洗濯機などの家電は買取もできて、機器の取り外し作業まで行いました。

オフィス移転・整理

オフィス移転・整理

事務所の移転に伴い、応接セットや事務什器等の運搬を行いました。大きく重たいものはクレーン車で運び込むことで不用品回収と同時に面倒な移転作業もできました。
オフィス移転に伴う不用品処分でしたが、梱包から搬出、廃棄するまですべて行ったため不用品を分別して廃棄するなどの社員の負担を軽減することができました。

遺品整理

遺品整理

父親の遺品整理をしていたら想像以上にモノが多く貴重品の場所もわからなかっため業者に依頼というケース。運び出しもスムーズにできてアルバムも発見できました。
賃貸物件の契約の関係で早急に遺品整理をする必要があり依頼されたケースです。2LDKの部屋でしたがスタッフ2名でその日のうちに作業をすべて終了できました。

店舗回収(近日公開)

店舗回収

デパート内の店舗閉店に伴い厨房機器や食器などを回収するケースです。買取可能なものや廃棄するものなどに分別し一気にトラックで運び出して作業完了になります。
ブックストアの改装にあたり出た不用品を回収するケースです。店舗の協力が得られたため処分品の分別と搬出を店側に行ってもらい短時間で回収作業が完了しました。

不用品回収お役立ちコラム

不用品回収を業者に依頼する場合にどうしても気になるのはやはり料金です。そこで見積もりでどこをチェックしたらよいか、できるだけ安く依頼するにはどうしたらよいかなど料金に関するお役立ち情報を紹介します。

見積りのチェックポイント

不用品回収では訪問見積もりが原則です。少量なら電話で確認するだけで料金が確定することもありますが、多くの場合、正確に必要な人員・車両などを算出するため現地での状況確認をする必要があるのです。

見積書が提示されたら料金の内訳が詳細に記載されているかどうかをチェック。○○一式となっていたり、内容が不明瞭なものは料金の算出根拠を説明してもらい曖昧な答えしか出てこない場合は依頼するのは避けたほうが安全です。

不用品回収の見積もりについてもっと見る

安く依頼する方法

不用品を安く依頼するためにはいかに処分する量を減らすかを基本に考えます。自分で廃棄できるものは先に処分したり、解体してコンパクトな状態にしましょう。回収当日に追加が発生すると料金がアップしてしまいます。

また業者によって料金体系は異なるので複数社から見積もりをとること。その際には不用品回収以外のサービス内容も確認し、依頼する時期は年度末などの繁忙期をできるだけ避け業者側の都合に合わせると安くなります。

安く依頼できる不用品回収方法をもっと見る

無料回収業者のカラクリ

不用品処分にはお金がかかるはずなのに無料回収業者が存在するのは買い取ってもらえる先があるからです。リサイクルショップやネットオークション等で売ったり、海外で売れるものは輸出業者が買い取ることもあります。

こうした無料の不用品回収業者を利用はリスクがあります。許可なしに営業している違法業者の可能性が高く、場合によっては依頼した側も罪を問われることもありますので、有料でも信頼できる業者の方が安心です。

無料の不用品回収業者のカラクリをもっと見る